口腔内スキャナー(iTeroエレメント)の導入

口腔内スキャナー(iTeroエレメント)を本日導入いたしました。(2018.02.19)

iTeroエレメント今までは、口腔内(口の中)の型取り(印象採得)を行う場合印象材という材料を使用し、取っていました。
これは時間がかかったりうまく取れない、匂いが不快、一番は嘔吐反射がある人には大変な作業だったと思います。矯正治療において型取り、そしてそれからできる模型は重要であり必ず行ってきました。

今回導入のiTeroエレメントは、近年飛躍的に進歩した光学的3Dスキャニングにより、今までは機械的に作業をおこなっていた型取りが、口腔内をスキャニングするだけでデジタルデータとして歯型画像データが採得できます。

また、iTeroエレメントは、口腔内スキャナーで唯一インビザラインをそのまま作成ができるものです。そのため時間的ロスを軽減しよりスピーディーに治療へ移行できるものです。
そのためより効果的と考えます。

iTeroエレメント

現在はまだ、機械的な型取りは装置の作成、模型の必要性などから必要ではありますが、患者様の負担軽減、歯型精度、情報のデジタル保存などの観点から様々な場面で使用していきたいと考えております。

Copyright(c) 2014 やまぐち矯正歯科医院 All Rights Reserved.