banner banner banner

患者さまに合った矯正治療を目指して

現在、矯正歯科治療はさまざまな装置が登場し、ライフスタイルに合った治療が行われる様になってきています。過去には患者さまの審美面を損なうもの、生活時間を制限するものなどかなり患者さまにとって治療へ踏み切るのに勇気のいる治療であったことは確かなことだったと思います。しかし現在の治療においてかなりの面で改善がなされ今のライフサイクルを変えることなく治療を行えるようになってきています。近年、表からの装置でも白い装置透明な装置、白い針金と様々な装置が開発されてきていますがやはり見えてしまうのも。今は見えない矯正装置(リンガルブラケット)も選択の1つになりそのような患者様が増えてきています。

私は歯を削ることなく、人工にできた歯を入れることなく、いまの歯を利用して、患者さまの綺麗な歯並びと美しい笑顔を取り戻す手助けができたらと思っています。天然の自分の歯に勝るものはありません。そして口の健康が崩れてしまえば、全身の健康にもいい影響はありません。

  • 子供(成長期)における歯列不正が有り気になる
  • 顔の形が気になる
  • 口元が気になって笑えない
  • うまく食べられない・しゃべれない

方は、当院にご相談ください。最新の治療、最高の技術でお迎えいたします。

あなたが矯正治療を行うことを期に歯周病やむし歯になって歯を失うこと(⇒歯を失うことで健康を損なうこと)がないように、予防という考え方を、ライフスタイルをとりいれて欲しいと思います。

最新のお知らせ一覧

  • 11月20日 インビザラインスタディクラブのインビザライン治療の進め方のセミナー(札幌)に出席してきました。
  • 11月07~09日 第75回日本矯正歯科学会大会が徳島市で行われ出席をしてきました。
  • 11月03日 JAPAN INVISALIGE FORUM 2016に参加をしました。
  • 10月23日 平成28年度北海道矯正歯科学会研修会に参加をしました。
           口腔筋機能療法(MFT)の実際 -機能と形態の深い関係ー
  • 10月20日 日本成人矯正歯科学会 秋季学会セミナーに出席しました。
          矯正治療と外科処置のコラボレーションを考える-コーチコトミーを中心としてー
  • 10月19日 北海道医療大学歯学部矯正基礎実習を行ってきました。
  • 10月18日 北海道医療大学歯学部十勝支部学術講演会を行いました。
          ビスホスホネート関連顎骨壊死から薬剤関連顎骨壊死へ          
          演者 北斗病院 歯科口腔外科 佐藤健彦先生
  • 10月18日 日本顎関節学会 第40回学術講演会
           顎関節症インタラクティブコースに参加しました。
  • 10月2日 カリエールセミナー(東京)を受講しました(⇒詳細はこちら
  • 6月26日 日本成人矯正歯科学会に参加しました
  • 6月19日 北海道矯正歯科学会に参加しました
  • 第74回日本矯正歯科学会に参加 (⇒詳細はこちら
  • 平成27年度北海道矯正歯科学会研修会に参加(⇒詳細はこちら
  • 歯並びコーディネーター認定審査試験に合格しました!(⇒詳細はこちら
  • 2014年までのお知らせ

矯正歯科ブログ

矯正の治療例と患者さんの声

帯広市在住の22歳女性

症例を見る

札幌市在住の8歳女児

症例を見る

帯広市在住の25歳

症例を見る

Copyright(c) 2014 やまぐち矯正歯科医院 All Rights Reserved.